HANAからのお知らせ

【最新】日本学生支援機構奨学金 家計急変採用(給付奨学金)のご案内

2020.05.15

新型コロナウイルス感染症に係る影響・生計維持者の死亡・失職等により収入が激減した場合や、震災・火災・風水害等に被災したことにより家計急変が生じ、緊急に奨学金が必要となった場合に申込ができます。

・家計急変採用の詳細(日本学生支援機構HP)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/index.html

(案内冊子)
給付奨学金案内-家計急変-

※高等教育修学支援新制度の対象となりますので、給付奨学金と併せて授業料減免も行います。
※家計急変の事由が進学(進級)前の2019年1月~3月に発生していた場合は、2020年6月までに申込みが必要です。

【家計急変に該当する事由】
A 生計維持者の一方(または両方)が死亡
B 生計維持者の一方(または両方)が事故または病気により半年以上就労が困難
C 生計維持者の一方(または両方)が失職(非自発的失業の場合に限る)
※「非自発的失業」とは、雇用保険被保険者離職票(又は雇用保険受給資格者証)において、下記の離職理由コードに該当する場合を指し、これに該当しないときは、家計急変採用の対象となりません。
1A(11),1B(12),2A(21),2B(22),2C(23),3A(31),3B(32),3C(33),3D(34)
D 生計維持者が震災、火災、風水害等に被災した場合(新型コロナウイルスに係る影響を含む)であって、次のいずれかに該当
①上記A~Cのいすれかに該当
②被災により、生計維持者の一方(または両方)が生死不明、行方不明、就労困難など
世帯収入を大きく減少させる事由が発生
③新型コロナウイルスに係る影響で世帯収入が激減した場合

【対象要件の確認】
(1)進学資金シミュレーターの「給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)」で家計基準を確認

https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

※家計急変で給付奨学金を申請する場合のシミュレーションポイント
・収入や所得を入力する箇所には、収入が減少した月の給与明細や帳簿等を準備し、
その12倍の額を入力
・社会保障料等は「収入等から算出」を選択
※新型コロナウイルスに係る影響で給付奨学金を申請する場合は、シミュレーションの結果画面を印刷したものを提出いただく必要があります。

(2)資産の確認
・資産の合計が2000万円未満(生計維持者が1人の場合は1250万円未満)

(3)学業成績等基準の確認
・1年次:次の①~③のいずれかに該当すること
①高等学校における評定平均値が3.5以上であること
②高等学校卒業認定試験の合格者であること
③将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが
学修計画書等により確認できること
・2年次以上:次の①~②のいずれかに該当すること
①入学してから現在までの平均成績が在籍する学科の上位1/2以上
②修得単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが学修計画書等により確認できること

(4)その他の要件
・華学園への入学時期に関する要件
高等学校等を初めて卒業してから華学園へ入学するまでの期間が2年1ヶ月以内

例えば以下の方が該当者となります。
2018年3月~2020年3月に高等学校等を卒業し、2018年4月~2020年4月に華学園に入学した方
2017年3月に高等学校等を卒業し、2017年4月~2019年4月に華学園に入学した方
※管理栄養士科編入生は栄養士科入学月が華学園に入学した月となります。
※高等学校卒業程度認定試験に合格した方は別途学生係までお問い合わせください。

・在留資格等に関する要件
外国籍の方は、以下の在留資格を持つ方が対象となります。
法定特別永住者・永住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者

対象要件確認後、申込を希望する場合は学生係までご連絡ください。
※申込に必要な書類の中には、用意に時間がかかるものもあります。
申込希望の場合はお早めにご連絡ください。

※世帯収入が減少したが給付奨学金の対象要件に該当しなかった場合は、貸与型奨学金の緊急採用(第1種奨学金)・応急採用(第2種奨学金)もございます。貸与型奨学金は申込期限が事由発生から12ヶ月以内となっております。

・緊急採用・応急採用の詳細
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/index.html

華学園学生係:TEL 03-3875-1111