栄養士科2年制

2年間で目指す、食と健康のアドバイザー

栄養士の仕事は、主に健康維持・増進のための食事提供や栄養指導です。健康は人の生きがいを支える重要な要素です。
健康維持・増進を食の面からサポートする栄養士の仕事はとてもやりがいがあります。

栄養士とは

仕事内容は?

給食管理と栄養指導

給食の管理では、食中毒予防のための衛生管理や喫食者のニーズに合ったおいしい食事作りが主な仕事となります。
また、健康な人に対し、健康維持のための栄養指導を行います。

活躍の場は?

給食会社や保育所・学校など

特定の人が喫食する機会が多い給食施設には栄養士が配置されます。
給食会社が受託している事業所には、企業の社員食堂の他、学生食堂、病院などさまざまな施設があります。また保育所や学校も栄養士が活躍している職場です。

どんな人が向いている?

食に興味があり、発想力がある人

料理が好きで、食べることを楽しめる人が向いています。栄養士の仕事は、健康的でおいしい食事を考え、作り上げる仕事だからです。
保育所や学校では子どもの目をひくかわいい食事を作ったり、好き嫌いをなくす工夫を考えたりするので、子どもの食育に興味がある人が向いています。

栄養士から管理栄養士へのプロセス

栄養士実力認定試験について

「栄養士実力認定試験」は一般社団法人全国栄養士養成施設協会が主催する、栄養士としての知識・実力を知るための認定試験です。
栄養士の資質向上と質の均一化を図ることを目的として行われており、現在約1万人の在校生・卒業生が受験しています。

12月に実施される試験の得点によりABCのランクに分けられます。
認定証A 栄養士として必要な知識・技能に優れていると認められた者
認定証B 栄養士として必要な知識・技能のあと一歩の向上を期待する者
認定証C 栄養士としての知識・技能が不十分で、さらに研鑽を必要とする者

華学園では栄養士科、管理栄養士科の学生全員が認定証Aを目指して対策講座や模擬試験に取り組んでいます。
平成29年度では全国平均取得率63.0%に対し、75.7%の学生が認定証Aを取得することができました。

実力認定試験について詳しく知りたい方は下記URLをご覧ください。
https://www.eiyo.or.jp/ability_test.html