管理栄養士科4年制

4年間で目指す、栄養のスペシャリスト

管理栄養士は、対象者一人ひとりの栄養状態を把握し、その人に見合った栄養の管理や栄養教育を行います。
そのため、体の仕組みや病気の知識、病態に見合った調理方法など、さまざまな知識と技術が求められます。

管理栄養士とは

仕事内容は?

傷病者への栄養管理と栄養教育

規模の大きな給食施設や、医学的な食事管理が必要な施設では、管理栄養士が不可欠です。
特に、傷病者一人ひとり栄養状態を把握し、食事に反映することが管理栄養士の仕事となります。また、傷病者への栄養教育は管理栄養士だけに許可された業務です。これらの経験を積んだ後、医療チームの一員として活躍する道もあります。

活躍の場は?

病院・高齢者福祉施設・保健所・保健センター

病院では、複数の病気を併せ持つ人が多く、複雑な栄養管理を行うことができる管理栄養士が必要とされています。
高齢者福祉施設では、お年寄りにも食べやすい食事作りや個別の栄養管理を行います。保健所では、専門的広域的な公衆栄養業務をします。保健センターでは、地域住民の健康管理や栄養指導を行う仕事などがあります。

どんな人が向いている?

食事で健康をサポートしたい人

栄養相談の際に、その人に必要な栄養について、食事として説明できるのが管理栄養士です。
そのためにはさまざまな食品や料理の知識が欠かせません。管理栄養士の国家試験を乗り越えた有資格者としての豊富な知識があるからこそ、最新・最善の情報提供を行うことができるのです。

管理栄養士へのプロセス